ドクター

耳の病気で起こるめまい|早めの治療が肝心

購入しなくても利用可能

耳

年を取ると耳が遠くなってしまう人が多くいます。耳が遠くなってしまった場合に多くの人が利用するものが補聴器です。補聴器は購入するのが一般でしたが、現在ではレンタルも行なっています。

More...

歴史について

ナース

難聴の人を助けるものとして補聴器が使用されます。現在販売されている補聴器には様々な性能を持った種類のものが多いですが、その中にもきちんとした歴史があるのです。ここではその歴史や今後の動向について紹介します。

More...

治療対象になる症状

鼻を押さえる人

耳鼻咽喉科では様々な症状に合わせて治療を行なっています。風邪の症状や花粉症などの病気も見てもらえるのです。そのため、風邪や花粉症の症状が現れた場合は、耳鼻咽喉科で診てもらうとよいでしょう。

More...

症状に合わせた治療法

診察室

診断から手術まで幅広い医療

補聴器や人工内耳の埋め込み手術もおこなわれます。 耳鼻咽喉科が対処する鼻の病気には、花粉症とも呼ばれ薬物治療や免疫療法がおこなわれるアレルギー性鼻炎・鼻づまりをおこす鼻中隔弯曲症や内視鏡手術がおこなわれる慢性副鼻腔炎・腫瘍・臭いの障害や鼻出血をおこす病気などがあります。 耳鼻咽喉科で扱う喉の病気には、咽頭炎や喉頭炎などの感染症・嚥下や言語の障害・治療にレーザーも用いられる声帯などの腫瘍や奇形などがあります。閉塞性の睡眠時無呼吸症候群の診断・治療や、喉の手術によって声が出なくなった場合の処置もおこなわれます。日常生活においてめまいや耳鳴りなどの症状が現れた場合は、早めに耳鼻咽喉科へ行き医師に診てもらうようにしましょう。めまいや耳鳴りは、病気を明確にすることで改善することが可能です。

新しい治療の種類

耳鼻咽喉科で設置される人工内耳は、重い難聴をもつ人に音の感覚を取り戻させる小型の電子機器です。この機器は音を集めるマイク・音を電気信号に変える音声処理装置と信号を送信する部位および信号を受診して聴神経に送る電極などからできています。 耳鼻咽喉科では慢性副鼻腔炎の症状が薬剤によって改善しない場合、手術がおこなわれます。鼻内視鏡を使った副鼻腔手術は顔や口を切開する必要がないので痛みが少なく回復時間も短くてすみます。この治療によって、排膿が改善され薬剤による治療効果が上がります。 耳鼻咽喉科で実施される組織を傷つけることが少ないレーザー治療は、喉頭の早期癌の治療などに用いられます。この方法は局所麻酔ですみ治療時間が短く、安全で回復も早いのが利点です。